FC2ブログ
ようこそ公衆便所へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 二日目 】
「また来るかい?」とNから連絡が入った。

ちんぽ乞食の私はその誘いに飛びついた。
その日も会話から始まった。
会話が途切れるとNは床を指差して、椅子に腰掛けた自分の前に正座するように促した。

私は従順にもNの前で正座した。
Nは私の頭を撫でながら立ち上がるとズボンと下着を脱がすよう指図した。Nのちんぽが露わになった。
もう半分勃起して、形を保っていた。ふたたびNは椅子に腰掛け、私はNの股間に顔を埋めた。

付け根からねっとりと舐め上げ、まずは亀頭だけ丁寧に舌を巻きつけ口に含むとすぐに硬く勃起した。
嬉しくなって、むしゃぶりついた。裏筋の縫い目と亀頭の輪郭を舌全体に記憶するようにゆっくりゆっくり舐め回した。

IMG_2198.jpg

勃起したちんぽが美味しくて仕方なくて、床に涎が伝うほど涎塗れになりながら、お尻を振りながら、おしゃぶりに夢中になった。ジュルジュルと下品な音を響かせながら。喉の奥まで吸い込んで喉奥に押し付けるとまんこが締まる感じがして、逝きそうになった。

だらしなく恍惚とした表情を浮かべて。

「本当に幸せそうにしゃぶるんだな」とNは言った。

服を脱いで四つん這いになるように指示された。
ひとしきり鞭打たれたあと、犯された。「鞭打たれて濡れるのか」と言いながら、挿入された。

まんこを掻き回されて、断りなく勝手に逝ってしまった。「報告がないだろ」とお尻を殴打された。
また何度も掻き回され、突かれて、制御出来ないまま、また勝手に逝くとまた殴打された。
苦痛と快楽の中、また挿入された。苦痛と快楽の波間で混乱している感覚になっていた。

1度抜いたちんぽが割れ目に沿う感覚がするとするりと根元までずっぽり受け入れていた。挿入されたのはまんこではなく、排泄の穴だった。

主の大好物なけつまんこにさえ、他人のちんぽを受け入れた。
何度も何度も突かれた。勝手に濡れるけつまんこだった。腸壁から膣に伝わる刺激に抵抗することができるはずもなく、たまらず逝った。久しく、主以外のちんぽを受け入れていなかったが、こんなにも簡単に入ってしまうものかと驚いた。
ローションも浣腸もマッサージもいらない。
他の人にとっての排泄のための穴は私にとっては精子を受け入れるためのまんこなんだと改めて思った。

ぬぷぬぷという音と共に「ああああ~あ~逝きましたぁ~」とだらしない声で逝ったことを報告した。

「尻の穴で逝くのか。変態だな。」と罵られた。。。



「風呂に入るぞ。」とNは言った。
体を流していると「小便が出そうだ。」と私の口にちんぽを当てがった。
生温かい、塩分を含んだ尿が口の中に流れ込んできた。私の体にはそれは飲み込むもので、それを飲み込むのが私の役目だということが染み付いていた。

IMG_2099-001_20150127222615ac8.jpg



私は便器なのだ。
注がれたものは誰の精子だろうと小便だろうとすべて飲み込む便器なのだ。
たった2回体を重ねただけの男の小便さえも飲み込む家畜以下の便器が自分なのだと、この日、強く思った。


IMG_2123-001_20150127222613ef0.jpg

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

気がつけば、3年ぶりのブログの更新となります。
皆様、ご無沙汰しておりました。お元気でしたでしょうか?

先日、便器より面白い報告がありました。
それゆえに更新意欲をかきたてられ、5回にわたり皆様とお逢いすることとなりました。
稚拙な文章ではございますが、お付き合いいただきますよう、よろしくお願いいたします。

早速ですが、面白い報告の内容とは・・・
実は精液便器七奈の欲求はとどまることを知らず、いい加減に見捨てて放置している状態でした。
そうしましたところ、己の性欲を満たすため、己のチンポ欲を満たすため・・・
日々、数々のチンポを求めて歩きだす始末。
その中でも面白いと思ったエピソードをご紹介致します。

一人で暴走をしていく様子が、どの様に開始され、どの様に終焉していくのか是非ご覧ください。

※此処より先は精液便器七奈が自分自身で嘘偽りなく行ったノンフィクションです。
(写真に関しましてはわたしが類似のものを選ばせて頂きました。)

IMG_2130-001_201501272226131b1.jpg



【 一日目 】
「今度、縄をしよう。」その誘いで、私はNという名の男の自宅を初めて訪ねることになった。
元はといえば、Nに興味を持って、ネット上のNの連絡先に連絡を入れたのは私だった。
そんなこともあって、誘いには尻尾を振って、出掛けていった。

Nの自宅に着くと、Nは「よく来たね。」と言った。
少し会話をした後、襦袢に着替えるように促され、畳の部屋に通された。
Tバック1枚になって、襦袢を羽織って、Nの前に出た。体の前で手を組んで、足先まで蓑虫のような形に緊縛を施された。襦袢を着ていたので、麻縄が皮膚を伝う感触はあまり味わえなかった。私はしばらく、その格好で畳の上をさも蓑虫のように身をよじって悶えていた。Nは鞭を打ったり、ただその姿を眺めたり、私の髪や頬を撫でてたりしていた。襦袢を着ていたので、鞭はあまり痛くなかったが、拘束感を愉しんだ。

頃合いを見て、Nは縄を解きだした。私は縄に酔い脱力して、体をNに預けていた。ゆっくり覚醒すると、うつ伏せの私の顔の目の前にNの股間があった。服の上から勃起しているのが分かった。その股間に私の目は釘付けになった。下品で物欲しそうな顔をしていたはずだ。

「欲しいものに手を伸ばしていいんだよ。」とNは言った。私は唾を飲み込んだ。ゆっくり恐る恐るその股間に手を伸ばし、硬直した輪郭をなぞるように指先に意識を向けて、優しく撫で回した。私の手の動きにどんどん硬さを増していくちんぽが嬉しかった。強く手を押し付けたり、掌でなぞったりしながら、その感触を愉しんでいると「したいようにしてご覧。」とNは言った。

たまらない気持ちになった。ベルトを外し、ジッパーを下ろし、ピンと勃起したちんぽを下着から取り出した。

私が大好きな勃起したちんぽが目の前にあった。尿道に舌先を挿し入れて、カウパーを味わった。ゆっくり亀頭に舌を這わせ、舐め回した。ジュルジュルと涎の音を立てながら、喉の奥まで自ら突っ込んだ。

IMG_2111-002_201501272226148f9.jpg



「これが欲しくて堪らなかったんだろ?!」四つん這いでおしゃぶりしている私のお尻を平手打ちし、鷲掴みしながらNは言った。「ただ縄して、鞭して帰して欲しいと思ってたわけじゃないだろ?」と言いながら、私のまんこに押し入ろうとした。前戯など私のそこは必要としていなかった。ただ、ちんぽを待ち侘びて、淫水が溢れ出ているのがわかっていたが、コンドームを付けてもらえるようにお願いした。便器として使われるときはどんなちんぽでも拒否せず、悦んで使われるよう、刷り込まれていたが、使われるときに一つだけ、してもいいお願いを思い出したからだ。
その日は四つん這いと正常位でまんこを使われ、口まんこでも精子を頂いた。逝かないように我慢する癖が着いていたが、何度も逝けと言われた。言われた通り、最後には何度も何度も逝った。頬を張られ、はしたないと罵られ、首を締められながら。

何を期待していたのか。
Nに見抜かれた通り、縄や鞭だけが目当てではなかった。まずはとにかく、ちんぽが欲しかった。縄や鞭はそのおまけ程度で、自分を取り繕うための口実だった。

私が探していたのは淫水を垂れ流す穴を塞ぐためのちんぽだった。

こうして、Nとの関係が始まった。



// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 精液便器 77号 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。